動画配信 基本用語集

フラッフィ

動画配信サービスとは

テレビ番組はテレビ局が発信する”放送用電波”を受診することで動画を視聴するサービスです。

動画配信サービスは”インターネット”を通じて、パソコン・スマホ・テレビなどで動画を視聴するサービスです。

ビデオ・オン・デマンド(VOD)とは

テレビ番組は、番組表に決められた時間に決められたチャンネルで番組が流れていきます。そのため、視聴者である私たちの都合や要求とは無関係に発信されます。

ビデオ・オン・デマンドはVideo On Demandの頭文字をとって「VOD」とも呼ばれております。テレビ番組と違い、視聴者である私たちの都合で、私たちの要求に従って好きな動画を自分で選んで、いつでもどこでも視聴することができます。家にいるときはパソコンやテレビで、外出先ではスマホやタブレットなどで視聴することができます。急な用事ができても、録画予約することなくいつでも視聴できますし、途中で席を立つときにもビデオと同じように停止をすることができます。

またレンタルビデオと異なり、「借りに行く」「返しに行く」手間がなく、返し忘れによる延滞料金の心配もなく、たくさんの映画、ドラマ、アニメ、バラエティなどの視聴ができるのです。

定額制 見放題

映画、ドラマ、バラエティ、アニメ、キッズ、音楽、ドキュメンタリー、アイドル、舞台、スポーツなどたくさんのジャンルからたくさんの動画を、毎月定額料金でなんども視聴することができるサービスです。

ペイ・パー・ビュー(PPV/個別課金)とは

Pay Per Viewの頭文字をとってPPVとも呼ばれています。個別課金制とも呼ばれます。定額制と反対で、その都度課金して視聴する方法です。

1話、1本づつ購入できる動画もあれば、1話から最終話までまとめて複数話購入できる動画もあります。

レンタル

ペイ・パー・ビューの動画は主に、2〜7日間の視聴期間があります。利用するサービスによって視聴期間は前後します。視聴期間内であればなんども視聴可能ですが、視聴期間を経過すると視聴することができなくなります。再度視聴したい場合はもう一度課金しなければなりません。

購入

レンタル料金に比べ料金が高いのですが、視聴期間が無制限でなんども視聴することができます。

定額制とPPV

A 定額制の動画配信サービスを行う会社、B PPVの動画配信サービスを行う会社、C 定額制とPPVの両方の動画配信サービスを提供する会社があります。ABC、どの動画配信サービスが良いのか一概には言えません。

A 定額制の動画配信サービスの場合、そこで提供されるたくさんの動画すべてを、毎月定額で安心して視聴することができます。ですが、新作の動画がほぼないというデメリットもあります。

B PPVの動画配信サービスの場合、新作の動画が豊富です。そして、見たい動画だけを選んでレンタルまたは購入できるので、毎月たくさん動画を見ない方にはこちらの方が安く済む場合もあります。定額制と異なり、見なければ料金が発生しないからです。旧作を見るのであれば毎月定額1,000円以内で見放題な動画配信サービスの方が断然お得になります。

C 定額制とPPVの両方の動画配信サービスの場合、新作の動画はPPVで、旧作は見放題になるので、新作も旧作もたくさん見たいって方にはお得です。ですが、月によって見ない月もある方でしたら、B PPVの動画配信サービスの方が年間で見ると安く済む場合もあるでしょう。また、見たい動画の多くがPPV方式で、見放題の動画はあまり見たい動画がない方も注意が必要です。ただし、A 定額制の動画配信サービスもC 定額制とPPVの両方の動画配信サービスも、毎月1,000円以内と安く、毎月300円で提供しているところもありますので、毎月1〜3話くらい見る方であれば元が取れてしまいます。

マルチデバイスとは

動画などのコンテンツサービスを複数の端末で利用することができることをいいます。

例えば、動画配信サービスで映画を、家のテレビでを視聴していたとします。映画を視聴している途中に家族でお買い物に行くことになりました。ですが、見ている映画が最後のいいところで気になります。そこで、車の中でスマホまたはタブレットで映画の続きを見ることができます。しかも、早送りなど面倒な操作をすることなくスムーズに、テレビで見ていた続きから視聴することができます。

映画に夢中になっていたら夜遅くなってしまったけど続きが気になる。そんなときにも、マルチデバイスなら布団の中でスマホにイヤホンをさして映画の続きを視聴をすることもできます。

モバイルデータ通信(パケット通信)とは

モバイルデータ通信(パケット通信)とは、NTTドコモのFOMAやXi、auの3Gや4G LTE、ソフトバンクの3Gや4G LTEをいいます。NTTドコモ・au・ソフトバンク各社が色々な場所に電波塔を立ててくれているので、いつでもどこでもインターネットを行うことができる便利なサービスです。

ですが、このモバイルデータ通信(パケット通信)は定額制ですが、毎月使用できるデータ通信容量に制限が設けられております。データ通信容量を超過してしまうと、データ通信速度がかなり遅くなり、その月はメールやSNS、電話しかできなくなってしまいます。写真をメールで送ることすら難しくなるでしょう。

追加料金を支払うか、次の月になれば通信速度は元に戻ります。

毎月税抜8,000円のお支払いをしている方であれば、データ通信容量制限は5GBです。

MVNO(格安SIM)とは

NTTドコモのFOMAやXi、au・ソフトバンクの3Gや4G LTEの総称「モバイルデータ通信(パケット通信)」。この「モバイルデータ通信(パケット通信)」をNTTドコモやauから借りて、独自に「モバイルデータ通信(パケット通信)」を提供する企業をMVNOといいます。

NTTドコモ、auから「モバイルデータ通信(パケット通信)」通信網を借りているので、基本的には通信速度や通信可能エリアは同じですが、月額通信料が大きく異なります。

NTTドコモとauの「モバイルデータ通信(パケット通信)」5GBは月額税抜き5,000円(電話かけ放題2,700円+インターネット接続料300円=合計8,000円)です。

MVNOの「モバイルデータ通信(パケット通信)」5GBは、約1,300〜1,800円ですから、3,200〜3,700円も安く「モバイルデータ通信(パケット通信)」をすることができるのです。

SIMとは、NTTドコモ・au・ソフトバンクの「モバイルデータ通信(パケット通信)」を行うために必要で、スマホ・タブレットに入れておかなければならないICチップのことをいいます。NTTドコモ・au・ソフトバンクで購入したスマホ・タブレットの中には全てSIMと呼ばれるICチップが入っております。SIMが入ってなければ「モバイルデータ通信(パケット通信)」を行うことができません。

MVNOが提供するSIMは、NTTドコモ・auと同じ「モバイルデータ通信(パケット通信)」を行うことが可能ですが、NTTドコモ・auの料金に比べて安価です。ですから、MVNOが提供するSIMは、NTTドコモ・auが提供するSIMと区別され、「格安SIM」と呼ばれています。

外出先でも、スマホ・タブレットで動画視聴をされることが多い方は、MVNOの格安SIMで動画視聴を行った方がお得になります。

Wi-Fiとは

Wi-Fiは、無線でネットワークに接続する技術のことです。従来、パソコン用のインターネット固定回線は、パソコンに直接「LANケーブル」と呼ばれる線を接続してパソコンでインターネットを行っていたかと思います。

Wi-Fiはその「LANケーブル」という線を使わずに無線でインターネットに接続します。パソコンだけでなく、スマホやタブレットにも同時にインターネットに無線で接続可能です。

このWi-Fiは、線を繋いでいないだけでパソコン用のインターネットに接続しているので、モバイルデータ通信(パケット通信)ではありません。皆さんのスマホは、家にいる間はWi-Fi経由でパソコン用のインターネットに、外出先ではNTTドコモ・au・ソフトバンクが提供するモバイルデータ通信(パケット通信)のインターネットに接続しているのです(設定必要)。

ちなみに、現在のパソコン用のインターネットはほとんどが定額制で、モバイルデータ通信(パケット通信)と異なり、毎月のデータ通信容量に制限はありませんので、データ通信容量超過や通信速度の低速可の心配がありません。

ストリーミングとは

「ストリーミング」とは、動画を配信する技術の1つです。インターネットを通じて、動画をダウンロード(保存)しないで待つことなくすぐに視聴することができます。

デメリットは常にインターネットに接続されている環境でなければならない点です。ですから、電波が悪いと動画が途切れ途切れになったり、止まってしまたりします。

また、スマホやタブレットで、モバイルデータ通信にて動画をストリーミング視聴すると、多量のデータ通信量(パケット通信量)を消費します。データ通信容量を超過してしまったらその月は不便になりますから、動画の「ストリーミング」視聴はできる限りWi-Fi経由で行うことをお勧めします。

どこの会社の動画配信サービスも、「ストリーミング」にて動画の配信を行なっております。

ダウンロードとは

「ダウンロード」とは、「ストリーミング」と同じく動画を配信する技術の1つです。「ストリーミング」は動画のダウンロードをせずすぐに視聴を行えますが、「ダウンロード」は一度スマホ・タブレット・パソコンなどにダウンロード(保存)してから再生を行うので、視聴できるまでに時間を要します。通信環境によって大きな差はありますが、映画など、膨大な量のデータのダウンロードには10分以上の時間を要する可能性があります。ですから、どこの会社の動画配信サービスも「ストリーミング」にて動画の配信を行なっているのです。

ところが、動画配信サービスを行う会社の中には「ダウンロード」も可能としていところも少なからず存在します。理由は簡単で、「ストリーミング」には常にインターネット環境が必要だということです。

「ストリーミング」の場合、電波が悪いと動画が途切れ途切れになったりしてストレスになります。「ダウンロード」なら、Wi-Fi環境にてあらかじめ動画をスマホなどにダウンロードしておけば、モバイルデータ通信容量を無駄に消費せずに済みます。「ダウンロード」時にはWi-Fiなどのインターネット環境が必要ですが、一度ダウンロードしてしまえば、電波のない場所でも動画の視聴が可能になるのです。

ですから、できる限り「ストリーミング」と「ダウンロード」両方の配信方式を提供してくれているサービスを選ぶと良いと思います。

画質(SD画質・HD画質・FHD画質・4K画質)とは

SD画質(標準画質)

DVDの画質です。画質が良くなればなるほどデータ通信量やバッテリーの消費が激しくなりますので、主にスマホやタブレットで「モバイルデータ通信(パケット通信)」にて動画の視聴をする方はSD画質(標準画質)が丁度良いと思います。

「ストリーミング」ではなく、できる限り「ダウンロード」での動画視聴をオススメします。2時間の映画を「ストリーミング」視聴した場合、おおよそ0.5GB〜1GBの消費があると考えると、5GBはすぐに消費してしまい、メールやSNSくらいしかできない通信速度になってしまいますのでご注意を。

HD画質(高画質・ハイビジョン)

2015年9月現在のミドルスペック以下のスマホの多くは、HD画質(ハイビジョン)を映し出すことのできるディスプレイです。スマホ・タブレットでも、テレビでも動画の視聴をされる方にオススメの画質です。

FHD画質(超高画質・フルハイビジョン)

ブルーレイやBSデジタル放送と同じ画質です。地上デジタル放送の画質は、HD画質より高く、FHD画質より低い画質になります。2015年9月現在のハイスペックスマホの多くは、FHD画質を映し出すことのできるディスプレイです。テレビやパソコンでの動画視聴をされる方にオススメの画質です。

4K画質(フルハイビジョンの4倍キレイ)

4Kテレビは発売されておりますが、4K動画はまだ少なく、2015年9月現在もっともキレイな画質です。2015年9月現在、4Kディスプレイ搭載のスマホはありません。4Kテレビにて動画視聴をされる方にオススメの画質です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA