親友の彼氏を寝取っちゃダメですか…?【第三話のネタバレと感想】

 

エスカレートしていく柊二・・・本当はいやなのに・・・感じて濡れてしまうひなたの身体。

親友の彼氏を寝取っちゃダメですか…?
▼▼無料試し読みはコチラ▼▼▼

<

ぐいッ・・・

ひなた:「きゃっ・・・」

柊二は無理やりひなたの服とブラを胸が見えるように捲し上げた。夏希にバラすと脅されたため、強く抵抗してこないひなたをいいことに柊二は自分の手を胸元へと忍びこませる。

柊二の指が乳首に触れただけでびくッ・・とひなたが反応した。

ひなた:「ん・・・・っ」

柊二:「・・・・もしかして初めて?」

ひなた:「・・・・・っ」

柊二:「へぇー・・・・そうなんだ」

何も答えないひなた。柊二の指が乳首を刺激するとひなたの甘い声が漏れた。

ひなた:「あっ・・・」

柊二:「透とさぁ、こういうことする関係になりたいんでしょ?」

ひなたは目を閉じ必死に声を出さないようにしている。柊二はそんなひなたをわざと挑発するように話を続ける。

柊二:「ま、これじゃセフレなんてとてもじゃないけど無理だろうね」

続きを無料立ち読み!!

片方の乳首を指で摘んだまま、もう片方を口に含み吸い上げる。

ちゅうっ・・・ちゅぱッ・・・

ひなた:「あ・・・・っ」

柊二:「バラされたくなかったら・・・・大きな声とか出さないでね」

そう言うと、無抵抗のひなたをその場に押し倒した。

どさっ・・・ちゅっ・・・

乳首を執拗に責めると刺激を感じるたびにひなたの身体がピクッと小さく跳ねる。

ひなた:「っ・・・・ん・・」

柊二の手スカートがの方へと伸び脚を撫でる。

ひなた:「!・・・そこはっ・・・・」

柊二は人差し指を口元に置き『しーッ』とジェスチャーする。下着越しにひなたの割れ目を指でなぞる。

くちゅ・・・ちゅ・・ちゅくっ・・・・

ひなた:「や・・・・やだっ・・・」

柊二:「濡れてる」

ひなた:「・・・・・ッ」

柊二の手が下着の中へと侵入していく・・・続く

残りの未公開部分はこちら

柊二・・・・(○`ε´○)!!! 嫌なヤツ~~~~!!!!!
女の敵ですね!!!
でも・・・もしかしたら・・・・私の勝手な妄想ですけど・・・・柊二って本当は・・・・・ まさかね!?Σ(゚д゚lll)
だとしたらやり方不器用すぎるし・・・(´・ω・`)
てか階段で襲っちゃうなんて大胆ですよね(;`・ω・´)
見つかったらって考えるだけで・・・・・逆に燃えちゃいますねwwww