親友の彼氏を寝取っちゃダメですか…?【第二話のネタバレと感想】

柊二を信頼して相談し始めたひなただったが・・・・いきなり柊二が豹変!?

親友の彼氏を寝取っちゃダメですか…?
▼▼無料試し読みはコチラ▼▼▼

ひなた:「今・・・私・・・・?」

ひなたは自分の中に渦巻く黒い感情を一瞬でも持ってしまったことに悲しくなった。その場にいることすら苦しく感じ、走って立ち去る。

ひなた(心の声):(私・・・・何で・・・夏希の彼氏なのに・・・好きだなんて言わずに・・・見てるだけって決めてたのに・・・・)

柊二:「うわっ・・・」

どんッ・・・・

考え事をしながら走っていたひなたは前に人がいることに気付かずぶつかってしまった。

ひなた:「すっ・・すいませ・・・・っ」

柊二:「あれ?ひなたじゃん」

ひなた:「柊二・・・・・」

ぶつかった相手は柊二だった。柊二はひなたの頬に流れる涙に気づき動揺している。

柊二:「えっ・・ど、どうしたの?」

続きを無料立ち読み!!

画像タップで今すぐ読めます
ひなた:「う・・・・ひっく・・・・・」

柊二:「・・・・・・?」

柊二はひなたを階段に座らせ、缶ジュースを手渡した。

柊二:「はい・・・・落ち着いた?・・・・・何も話す気ないなら別に・・」

先ほどまで黙ったままだったひなたが重い口を開いた。

ひなた:「・・・・・さっき、透と・・・・夏希じゃない子が・・・・・空き教室で・・え・・エッチ・・・・してて・・」

柊二:「・・・・・・・」

ひなた:「・・・・・・私、ずっと透のことが好きだったの。透の隣には夏希がいるって分かってても・・・でも夏希のことも大切で・・・だから好きって言えなくても、言わなくても見てるだけでいいんだって・・・それだけで十分だってずっと思ってた。なのに・・・・」

柊二は黙ってひなたの話を聞いていた。ひなたはそのまま話を続ける・・・・続く

残りの未公開部分はこちら

( *゚Д゚)*゚Д゚)*゚Д゚)ェェエエ工工工!!!!!
想像してた展開とちがう~~~~~!!! www
このあと柊二が・・・・なんですけど・・・そっち!?って突っ込みいれたくなっちゃいましたよ~~~~・゜・(ノД`)・゜・
この先ひなたはどうなってしまうんでしょう・・・ ちょっぴり心配になっちゃいますね!!
ただ純粋に恋に落ちただけで、その相手が親友の彼氏で・・・・
仕方ないから自分の中だけで恋しようって思ってただけなのに・・・・
どんどん深みにはまっていくひなた・・・。
かわいそうに~~~~~(つд⊂)
次回どうなってしまうんだろ!?早く続き読まなくちゃ!!!!