お兄ちゃん電気アンマしてぇ…【第三話のネタバレと感想】

 

隼人は苺花の口の中に・・・・大きくなったモノを不器用にも頑張る姿に大興奮っ!!!!!

お兄ちゃん電気アンマしてぇ…
▼▼無料試し読みはコチラ▼▼▼

苺花:「セックスって・・・・それくらい苺花だって知ってるよっ!」

苺花は子供のように頬を膨らませて怒っている。

苺花:「あれでしょ!男の人と女の人が・・・・・・裸で抱き合うこと!」

自信満々に苺花が答えると隼人はその微笑ましさに思わず笑ってしまった。

隼人:「くすッ・・・苺花は何も知らないんだな・・・・・セックスのこと知りたいか?」

苺花:「うん」

隼人:「じゃあまず・・・・・・」

隼人は自分の穿いているジーンズのチャックを下へと下ろし、自分のモノを取り出した。

ぼろんっ・・・!!

隼人:「兄ちゃんのコレを触ってごらん」

苺花(心の声):(え・・・・・・・・これ・・・・・・男の人って・・・・こんなんなの・・・・・・!?)

苺花:「・・・・触っていいの・・・・・?」

隼人:「触らなきゃセックスがなんなのかわからないぞ?」

続きを無料立ち読み!!

画像タップで今すぐ読めます
恐る恐る両手で隼人のモノを握ってみる。

ぎゅッ・・・・・くにゅ・・

苺花(心の声):(あったかい・・・ふにふに・・・あれ・・・・?だんだん硬く・・・・なんなのコレ・・・・!?)

隼人:「苺花・・・・あんまり強く握るなよ・・・・・」

苺花:「えっ!あ・・・・・・・ごめんなさ・・・・・・・ふぃっ・・・・・!?」

かぽっ・・・

隼人はふいに苺花の小さい口に反り勃ったモノをねじ込んだ。

隼人(心の声):(つい苺花の口に入れちゃったぜ・・・・)

隼人:「いいか、苺花。おち○ち○は優しく扱わなきゃだめなんだ。苺花の柔らかいお口でお兄ちゃんを気持ち良くしてごらん」

苺花:「ふぁい・・・おにぃひゃん・・・・」

口いっぱいに大きくなった隼人のモノを不慣れながら舌を使って・・・続く

残りの未公開部分はこちら

いよいよ本格的になってきましたね~~~~(*´д`*)はぁはぁ
苺花の純粋さははんぱじゃないですね!!www
てか隼人の事が好きなのか??σ( ・Δ・ )?
次回おそらく挿入ですよね~~~www
苺花の処女は隼人のものになってしまうのか・・・!?
あ~こんなエロくてかわいい妹どっかにいませんかね??www彼女いなくても妹いれば満足できちゃいそうですねっ!!!w
見逃せないですよねっ!!!!!
お楽しみに~~~~~~。+゚(ノ∀’*)マッタヌ―ン゚