セックス・ゲーム ~淫らな放課後~【第二話のネタバレと感想】

 

初めてなのに感じまくり!?・・・お互いの行為でさらに興奮は高まり・・・キツく締め上げる膣内に葵は・・・

セックス・ゲーム 〜淫らな放課後〜
▼▼無料試し読みはコチラ▼▼▼

葵:「お前エロすぎ」

久美:「あっ・・・」

正常位で挿入された久美の脚を葵が両手で広げると久美のたわわな胸が押しつぶされ脚の間から溢れ出る。

葵(心の声):(生(コレ)すげ・・・ヤバ過ぎ・・・・)

葵:「久美・・・動くぞ」

ドクンッ・・・ドクンッ・・・・

葵の興奮は徐々に高まり鼓動が近く感じ始める。

久美:「うん・・・好きに・・・して・・・・・・あっ・・・あぁ・・・あっ・・・」

ぢゅちゅんっ・・ずゅンっ・・・パンパンっ・・・ぢゅぷぢゅぷッ・・・・

モモ:「久美ちゃん・・・すごいエッチな声・・エッチな音」

ずっと久美たちの行為を横目で見ていたモモも発情したのか、久美の乳首に小さい舌で舐め始めた。

久美:「やっ・・・ちょっとッ・・・モモ・・」

続きを無料立ち読み!!

画像タップで今すぐ読めます
葵:「モモちゃん良いね!!すげーエロい」

ちゅぱちゅぱッ・・ペロペロ・・・

モモ:「きもちぃ?」

次郎(心の声):(久美こんな顔するんだ・・・・)

モモはしばらく久美へ愛撫すると自分も欲しくなったのかゴロンっと仰向けになり次郎におねだりし始めた。

モモ:「次郎くん私も・・・」

次郎:「え?」

モモ:「きて・・・」

モモはすでに下着を脱いでいて、とろ~ッと愛液が流れ出る入口を次郎に良く見えるように両足をあげた。その様子を葵たちがみている。

葵:「すげ!見てみろよ。幼馴染と親友のセックスを見ながらするなんてそうできるもんじゃないぜ?」

次郎はゆっくりとモモの中に挿っていく。

ぬぢゅ・・ぢゅぷッ・・ズズズズッ・・・・

モモ:「んっんっんっ・・・あ・・あっんんッん~」

葵:「しかもどっちも処女とかたまんね」

葵は挿入したまま久美の身体を回転させ、お尻を高く突き上げさせるとより激しく腰を動かす。

久美:「あっあぁんっ・・・んっん・・・」

久美(心の声):(葵のやつめちゃくちゃ興奮してる・・・モモと次郎・・親友と幼馴染・・・)

久美が視線をモモたちに向けると・・・続く

残りの未公開部分はこちら

このあとの久美ちゃんの一言で葵に火がつきましたね・・・!!
まぁ男としては仕方ないけどね~~~www
ただ久美ちゃん的に呟いた一言で勘違いされちゃったんじゃないかな~~ っと、
勝手に心配になっちゃいましたねww
それほどのめり込んじゃうってことですねっ!!
次回もお楽しみに~~~~~~~~~~(^o^)/